砲径手術 何歳ぐらいで?むけてない皮があまりすぎ! 治療は評判のよいABCクリニックがおすすめです。

2018年10月5日

砲径手術は何歳くらいで受ければよいのでしょうか?

あとちょっとでむけそうでむけなかった・・成長がとまってしまったにも関わらず皮がだぶついている、余っているとしたら、それは砲径(正しくは包茎と書きます)かもしれません。

現実問題として赤ちゃんのときはtintinの皮がむけていないので成長途中でむけるのが正常なのですが、中学生、高校生のとき、皮オナのやりすぎや遺伝等によって亀頭が露出しない場合があります。

この亀頭が包皮に覆われたペニスを包茎といいます。この包茎には仮性包茎、真性包茎、カントン包茎と3種類あります。

このうち真性包茎、カントン包茎は手術が不可欠で、必ずしたほうがいいです。

しかし仮性包茎に間しては治療をせずに中にはほったらかしにしている人もいます。

しかし包茎は簡単な手術で治療でいることからほんの少しの勇気とお金さえあれば誰でも1日で露茎になることが可能なのです。

費用面をとってみても現在では以前と比べてかなり割安な価格設定がされている気がします。

昔は大手クリニックが独占的に包茎手術を行っていましたが最近では新規参入したクリニックが増えたことから価格競争が進んで格安で治療が受けられる手術も開始されています。

そんな優秀な技術を持ちながらなんと3万円から包茎治療を受けられるがABCクリニックです。

↓料金詳細はこちらで確認できます。

3万円からの包茎手術

ABCクリニックでは亀頭のブツブツ除去も包茎治療と同時に行うことができ、価格は包茎治療代に含まれるということです。

めちゃお得なサービスをどんどん打ち出してきていますね!

砲径手術何歳くらいで受ければいいか?

私の中の勝手なイメージで包茎手術をするのは、大学生あたりの夏休みか春休みでみんなにばれないようにこっそりというのが定番だった気がするの

ですが今は40歳代、50歳代などで包茎治療をされる方が多いそうです。

また29歳や39歳、49歳など節目の年齢に到達する前に砲径手術をしておこうと考える方も結構な割合います。

当然ですが、成人20歳になったら包茎をまずは治そうと考えている人もたくさんいますし、現実に多くの若者がクリニックで包茎を治しています。

サークル合宿の風呂で見栄剥きがばれて包茎手術に踏み切ったなんて話もネット上で見たことがあります。

※見え剥きとは?仮性包茎で通常時は皮が一部かぶっているのをカリ首にひっかけるように無理に剥くこと

参考サイト砲径手術 何歳ぐらいで?費用は

結局のところ、何歳くらいで受ければいいのかには個人個人にまかされています。

仮性包茎で問題が見栄えだけならば、手術をせずに一生を終える人もいるでしょう。

ただし、包茎は病気ではありません。

ですから成長期を過ぎた段階で皮はあまりすぎで亀頭が包皮に覆われている場合は一生治らない思ったほうがよいですね。

後で若いうちに包茎手術しておけばよかったと後悔する可能性があるくらいでしたら受けておくべきです。

包茎治療はABCクリニックをおすすめする理由

包茎治療といえば最近ではABCクリニックというほどのい成長著しいクリニックです。

またしっかりした技術によって実績も多数、口コミでの評判も良好です。

ネット上の包茎関係のランキングサイトでもABCクリニックを1位にあげているケースがとても多いです。

ABCクリニックは魅力的な価格設定、豊富な施術方法、さらには包茎だけではなくEDや早漏、ワキガ、ハゲなど男性の悩みになんでも答えてくれるのです。

男として生きていけば体の悩みは必ずひとつや2つあるものです。

ずっと悩み続けていくのか?少しの勇気を出して今、治してしまうのか?

これで人生はだいぶ変わってくるのではないでしょうか?

↓実際に包茎治療を受けた方のインタビューが見れます↓

体験者様の生の声